事業のねらいと方向性


 これまでのボランティアセンター業務に市民活動センター機能が加わり、市民活動の拠点として、新たにスタートすることとなった施設ということから、これまで市民活動を続けてきたノウハウをもとに、実質的な支援のできるセンターとしてあてにされる場所になるよう職員全員で努力していく所存です。

 第1年度目としては、まずこれまでの業務を見直し、ボランティア・市民活動に実際に役立つことを考えて、地域の課題解決につながるネットワークづくりと、それらの課題を解決したい当事者である団体と丁寧につながっていくことを目指します。

 そのために、まず地域のボランティア・市民団体の実態をつかむためにこちらから訪問調査し、積極的な支援ができるよう個々の団体のニーズを伺います。そして各団体と双方向の情報交換ができるよう、ソーシャルメディアなどの活用を促進します。

 職員には、ボランティア・市民活動への理解を深め、一人一人が支援できる職員になるためにセンター内・外での研修でスキルアップを図ります。


Posted by 吉冨広